2013年03月25日

「活動報告会」

24年度の活動報告会が宮城県庁で行われました。

今年度は沿岸部で活動する「復興応援隊」の皆さんとご一緒です。
東日本大震災で甚大な被害を受けたにもかかわらず、一生懸命復興に取り組む人々。
そして、何らかの形であっても、住民に寄り添い、励まし、応援する方々。

真摯なその姿からはとても崇高なものを感じることができました。

私は「地域おこし協力隊」としての任期を間もなく終えますが、住民としての取り組みはまだまだ終わるものではありません。
二年間の経験を糧に、今後ますます精進して参ります。

今日参集した皆様から、大きな大きな力を頂戴することができました。

今後さらに頑張ります!
posted by 花山地域おこし協力隊員 at 23:00| Comment(0) | 地域おこし協力隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

報告会を前に。

来週25日は地域おこし協力隊の「活動報告会」です。
いよいよ間近に迫ってきました。

今日は報告書の内容を手直しする作業に追われました。

限られた時間、限られた紙数での報告。

添削に添削を重ね、ようやく完成にこぎつけたものの、できれば活動のすべてを発表したかったなあ。。。

出会った人々一人ひとりをすべて紹介したかったなあ。。。

あまりに素晴らしい人が多かった。
数え上げればきりがない、あまりにも濃密な日々、出会い。

しかしながら私はこの春以降も花山にいることができるのです!
さらに良好な人間関係を築き上げることができると思うとワクワクします。

それを心待ちに、まずは25日を迎えたいと思います!
posted by 花山地域おこし協力隊員 at 19:00| Comment(0) | 地域おこし協力隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

先達。

山梨県で活動するNPO法人の方をお招きして講演会が開かれ、参加してきました。

もともと東京で働いていたのですが、山梨に移住しました。
過疎化が進む中山間地域を選び、耕作放棄地を開墾し始めたのです。

当初は奇異の目で見ていた住民も、次第に応援するようになり、2haもの放棄地を生まれ変わらせることができるようになりました。
また、荒れ放題だった山林を整備し、伐採をすることで材木を販売し、利益を上げることができるようになった、とお話してくれました。

利益が上がる、ということは雇用が生まれ、産業が生まれる、とうことにつながります。

結果、250人にまで減っていたその集落は750人まで増えた、とのことです。

この取り組み・・・これからの私に大きな示唆を与えてくれるものではないでしょうか。

山梨と花山、地域は異なれど、今後の私の生活にヒントとなり得るのではないでしょうか。
今日の講演会、私に勇気を与えてくれたように感じています。

とても素晴らしい講演会でした。
これから熱意持って取り組んでいけそうです!!
posted by 花山地域おこし協力隊員 at 23:00| Comment(0) | 地域おこし協力隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。